本文へスキップ

稲美町、播磨町、魚住町、神戸市、加古川市、明石市で肩こり・腰痛・スポーツによるケガ、テーピングは、まえはま接骨院へ。

電話でのご予約・お問い合わせは TEL.079-496-6006

〒675-1112 加古郡稲美町六分一1181-87

ご挨拶greeting

まえはま接骨院ヒストリー

阪神大震災

【まえはま接骨院ヒストリー】
平成7年6月18日、神戸市長田区久保町(新長田)でオープンしました。
嫁と結婚したのもこの年です。
平成7年といえば、阪神大震災の年です。
4月オープンに向けテナント物件の契約を交わした矢先の出来事でした。
幸いにも、テナントビルの被害は少なかったのですが、辺りは一面焼け野原、残った建物も全壊・半壊、まさに壊滅状態でした。
正直、開院地の変更も考えましたが、縁あった長田区久保町を見捨てるようで・・・。
「どうせゼロからのスタート!町とともに成長しよう!」予定より2ヶ月遅れのスタートとなりましたが、めでたく「まえはま接骨院」は誕生しました。
嫁と二人で避難所をまわったり、患者さんも避難所からの通院でした。
平成19年6月13日、12年の時が流れ、長田区は副都心を目指し、街は大きく変わりました。
僕は街の移り変わりとともに成長し、復興を見届け、お世話になった街、育ててもらった患者さんに別れを告げ、平成19年10月2日、故郷 稲美町に念願の「まえはま接骨院」を開院しました。
これからも「まえはま接骨院」は発展拡大、質の向上と供に、気楽に来院できる接骨院、
「とりあえず、まえはまに行ってみよう!」そう思っていただける接骨院を目指します。
どうぞ、末永くご愛顧よろしくお願いします。


― 自己紹介 ―
院長 前浜忠成【前浜 忠成 まえはま ただしげ】
・平成5年3月 北信越柔整専門学校卒業
・平成7年6月〜19年6月 新長田にて開院
・平成19年10月 稲美町にて開院
・講道館柔道 六段
・少年柔道 稲美創武館 師範
・「自立型人間育成」原田メソッド認定講師


 高校を卒業して以来、大阪・金沢・神戸と故郷にどっしり腰をすえることはなかったのですが、
平成19年10月2日より、故郷 稲美町に念願の「まえはま接骨院」を開院することになりました。
 「稲美創武館 師範」僕のもう一つの顔です。
現在 講道館柔道六段、実家のある野谷で父が設立した少年柔道 稲美創武館で子供たちに柔道を
教えています。
指導理念の一つである、『なりたい自分になる・自分で未来を切り拓く℃ゥ立型人間の育成』を
モットーに、平成17年には教え子の中学生が全国優勝! 平成19年には6年生が兵庫県代表として全国大会出場! 平成21年には近畿大会(126チーム参加の団体戦)で見事に準優勝し、団体では
初の全国体会出場を決めました。また、日整全国少年柔道大会では息子が兵庫県チームの一員として副将で出場し、チームの全国制覇に貢献、優秀選手賞を受賞しました。
生徒も徐々に増え、現在30数名の子供たちが通っています。

 嫁(ひろみ)も柔道整復師の資格を持っていて、夫婦で力を合わせて頑張っています。


前浜ひろみ【前浜 ひろみ まえはまひろみ】
・平成6年3月 北信越柔整専門学校卒業
・平成7年6月〜16年1月 新長田にてともに開院
・平成16年2月〜26年3月 播磨町にて「まえはま接骨院」開院
・平成26年4月より稲美院と合併
・講道館柔道 五段
・少年柔道 稲美創武館 師範


ちょっと一言
 『高校生の息子を持つアラフォー主婦です。
  家事や子育ての悩みやグチ・・・なんでも聞きます。
  女性ならではの感性をいかし、きめ細やかな施術をいたします。
  女性の方も安心して、お越しください。』


前浜ひろみ 息子(忠大)現在、大学2回生。
日本大学でお世話になっています。
全国制覇*レ指して柔道を頑張っています。
礼儀正しく、優しい子に育ってほしいと願っています。
親ばかですが、とてもいい子です!




まえはま接骨院まえはま接骨院

〒675-1112
加古郡稲美町六分一1181-87
TEL 079-496-6006
FAX 079-496-6006


スマートフォンご利用の方
Check!!
・ひろみ先生の元気コラム!
・元気新聞 GenkiNews
 〜元気は無料で差し上げます!〜
 
まえはま接骨院facebook